病院へ

肩にできるイボの治療法|手術以外でとる方法

肩イボで病院へ

肩イボで病院へ行く際に行われる治療についてまとめてみました!

 

脂漏性角化症

加齢に伴うイボで、肩イボの多くはこのイボのことが多い。
脂漏性角化症と言っても、その皮膚症状が多様です。首や肩にできる細かなイボで、肌から少し垂れ下がったりしているものをスキンダッグやアクロコルドンと言います。
色白の年配女性の首や肩にできやすいイボです。
治療法は、液体窒素での治療法と炭酸ガスレーザーでの治療法です。
金額:液体窒素<炭酸ガスレーザー
治療回数:液体窒素>炭酸ガスレーザー
となります。どちらも、処方される塗り薬は忘れずにしっかりと塗りましょう。
色素沈着しやすいので、日焼け止めクリームと塗ったり、治療後の肌が露出しないで済む服装にしましょう。

 

ウイルス性イボ

ウイルス性イボは、ウイルスが付いた場所にはどこにでも発症しますから首にできてしまうこともあります。
主な治療法は、液体窒素での治療法です。
イボに効果的だと言われるヨクイニンは、イボの治療と同時に使うこともありますし、単独で使うこともあります。
気を付けたいのは、このイボの汁や血液にはイボができるウイルスがうようよしているという点です。
イボに傷がついたりした場合は、すぐに水で洗い流すなり消毒するなりしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ