まとめ

肩にできるイボの治療法|手術以外でとる方法

肩イボまとめ

肩イボについてまとめてみました!

 

肩イボにはいくつかの理由がある。

 老化現象
 ウイルス
 紫外線
 体質の遺伝   などがある。

 

肩イボの治療(病院)

 液体窒素を使った治療・・・麻酔がいらない治療ですが、治療回数は複数回必要です。イボの状態によっては10回以上の治療が必要という場合も。保険適用。
 炭酸ガスレーザーを使った治療・・・麻酔が必要な治療ですが、治療回数は少なくて済む。保険適用に関しては医師の判断によるところが多い。保険適用外の場合も多い。

 

肩イボの治療(内側からのケア)

 病院では処方するところとしないところがあるが、ハトムギ(ヨクイニン)が効果がある。これは漢方薬にもなっている。サプリメントとしても発売されている。
 ハトムギ(ヨクイニン)の効果はイボ改善効果以外にも健康増進効果が極めて高いので、イボに関係なくお勧めしたいものです。
 飲み易いハトムギ茶を普段から飲むというのもお勧め。

 

肩イボの治療(自宅)

 杏仁オイル(きょうにんおいる)が効果的。美容オイルの中では一番イボに効果がある。もちろん、本来の目的は美肌効果!
 でき始めの小さなイボに関しては、バージンオリーブオイル(美容液)でも効果があるが、やはり杏仁オイルにはかなわない。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ